SPECIAL CONSTRUCTION

特殊施工で問題を解決します

HOME > 特殊施工で問題を解決します

創業から48年
札幌ペックはここまでの技術を磨きあげました

その悩み、札幌ペックのわたしたちが解決いたします。

01

消火栓塗装補修工事

毎年、札幌市水道局発注の消火栓塗装補修工事で120本ほどの消火栓を塗装しています。
鋳物でできた消火栓は道路に面して立っているため冬の除雪で傷ついたり、雨風にさらされて劣化し、さびも発生します。ですから10年程度で塗替えの必要が出てきます。
最近は環境に配慮して、電動工具で塗装を削るようなことはせず塗膜剥離剤で塗装を剥がし、下塗から上塗りまで5回塗装を行います。火災などはなるべく起きないことを願いますが、万が一のときに必要な消火栓を維持補修し、社会資本整備に貢献できる仕事として丁寧な作業を行います。
消火栓塗装補修工事

02

建物を汚れから守る

塗装とは別に『洗浄する』という方法も提供しております。
塗膜が劣化してしまっている場合は建物を守るためにも塗装をお勧めしますが、表面が汚れているだけの場合は、洗浄する方が格段にお安くキレイになります。
札幌ペックが行う工法では建物を傷めることなく、根こそぎ汚れの原因であるカビ・藻・汚れを落とします。
建物を汚れから守る

03

建物から漏水を防ぐ

札幌ペックは数多くの止水工事を手掛けてきました。大きなものではダムコンクリート堤体の止水、ビル地下室の止水、屋上からの漏水止め、下水処理場の止水、住宅地下車庫の止水等水を止める仕事は多岐にわたります。
札幌ペックの止水工事は、セメント系やケイ酸系の材料を多く使います。
止水効果を長期間持続させ、またコンクリートの寿命を延ばす為、有機系の材料を極力使わない必要があると考えているからです。
止水工事に限らず、コンクリートの劣化を修復する工事も数多く施工しています。ここでも、コンクリートの寿命を延ばすための材料を多用しています。コンクリートのひび割れ、止水でお悩みの方は是非ともお声掛けください。
建物から漏水を防ぐ

04

橋のサビによる劣化を防ぐ

札幌ペックは様々な公共工事も行っております。ダムや橋梁など、一般的な塗装会社では(技術的にも・資格的にも)できないような特殊建築物において工事を承ることが多いです。中には道内で弊社しか施工できない工事もございます。それだけ弊社の技術水準を認められているという鼻が高い思いと、技術を磨き、伝え続けなければならない責任の重さを感じています。
極寒の大雪山系のダムの水門や取水塔を塗装・保護したり、支笏湖の先の橋梁の塗装やコンクリートの保護をしたりと、陰ながらですが、道内の皆様のお役に立てているのではないかと思います。
一般ユーザーの方には直接ご縁のご縁のない話かもしれませんが、札幌ペックではこういう仕事もしており、特殊で過酷な条件での工事だからこそそこで学び、磨いた技術を皆様の建物での改修工事に役立たせております。
橋のサビによる劣化を防ぐ

05

鳥害対策で建物を守る

ビル・マンションや工場など、様々な場所にハトは飛来します。そんなハト対策に頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。 プロテクターや防護ネット、果てはCDやカラスの模型を吊るしたりしますが、一時的に効果はあっても、長期的には効果が薄いことはご存知のことと思います。またプロテクターや防護ネットでは、視界を妨げたり非常時の避難ルートの妨げになるケースもあり、さらには高額な設置費用もネックです。かと言って薬品による対策は確実ですが、人体にも有害で、さらには鳥獣保護法違反にもなり問題があります。 そこで札幌ペックがお勧めするハト対策は、安価で非常に安心・安全です。植物性の成分(唐辛子やハッカなど)を用いた方法のため人体にも鳥にも無害で、1~2週間の間に自然とハトが寄り付かなくなります。ハトが寄り付かなくなるまで、トコトンお付き合いしますので、お客様の満足度は非常に高いことを自負しています。 道内各地のビル・マンション、工場、駅、車庫・倉庫、高速道路の料金所など様々な場所でハト対策に活躍しています。実際に施工したケースはもちろんのこと、試験的に施工したケースでも、その効果に驚かれる方がほとんどです。ハトにお悩みの方はぜひお声掛けくださいませ。ご期待に応えます!
鳥害対策で建物を守る