OUR MISSION

冬を乗り越える

HOME > 冬を乗り越える

社長が語る札幌ペックの使命とは
札幌ペック株式会社が49回の冬を乗り越えてきた物語です。

北海道の冬

それは想像以上に企業にとっても厳しいものです。弊社のような屋外での工事会社は、冬期は施工を行う事ができません。それはつまり「冬期は収入が無い」ということにつながります。これは長い間、札幌ペックにとって、いや道内の工事会社全てにとって大きな負担でした。秋が終わり冬が始まると全員解雇、スキー場でアルバイトしてもらい春には全員再雇用。信じられないかもしれませんが、こんな雇用・経営が常識だったのです。
前田は思いました・・・。
「いくらなんでもこれでは社員を守れない」「こんな状態ではどれだけ「会社に愛着を持て」といってもムリがある」「(春には社員が戻ってこなければ)せっかくの技術が継承されない」苦悩の日々が続きます。
北海道の冬

前田の決断

社員を雇い続ける、この当たり前のことを実現するのに前田は動きます。それは、札幌ペックが下請体質から脱却することでした。理由はただ一つ。そこには成長が無いからです。東京のスーパーゼネコンばかりが儲かり現場の工事業者は苦労ばかり押し付けられている、そんな仕事をしていても何も変わらないからです。
経営者としては非常に大きな決断です。売上げは半減しました。社員を養うどころか会社が傾きかねません。不安を口にする社員もいました。後ろ指を指す人もいました。前田の苦労は尽きません。しかし、夏場には多くの仕事があります。それが前田の支えでした。高い技術や特殊な技能を持ったスタッフがいます。社長自らが現場に出て指示を出し、営業に回り、各所に頭を下げ、色々なアイデアを出し何とか仕事を少しずつ確保していきました。そしてついに、今までと同じ売上を確保するにいたり、しかも体質改善が果たせたのです。
前田の決断



札幌ペックの技術・制度の自信

それでも終わりません。冬にはやはり仕事が無いのです。

スタッフを雇い続けるためにも、この問題をクリアせねばなりません。そこで・・・

・屋外だから工事ができない、ならば屋内での仕事を作ろう!
・北海道の仕事を生かして札幌ペックだからできる仕事を作ろう!

そう考えて、企画会議を繰り返しました。浮かんでは消え、ボツとなった企画は数知れず。生みの苦しみを改めて感じました。しかし今ではスタッフが進んで屋内工事の技術を覚え、試行錯誤しながら挑戦してくれています。冬期は仕事があるだけでもありがたいので、利益なしの原価工事を行っているものもあります。

そんな新しいことへの挑戦の一つ一つがスタッフへの刺激を生み、札幌ペックを支える屋台骨になってくれています。

これからもまだまだ札幌ペックの挑戦は続きます。未だ完成された会社ではありませんが、だからこそ変化に対応し、成長できる会社だと信じています。こんな我々にご興味を抱かれた方はぜひ、札幌ペックとお付き合いください。

冬を乗り越える・・・それは現場も同じ。
道内の冬は、とても厳しい環境です。建物はそれにじっと耐えています。
その建物を一番外側で守るのが外壁塗装なのです。
しかし、ただペンキで塗ればいいというものではありません。

札幌ペックの特徴
STRONG POINT

札幌ペックの技術者がこだわるには目に付きにくい隅々の部分。⼿間と時間がかかる上に、目立たないので、経費を抑えたい下請会社ほど省いてしまう部分です。正直、そんな細かいところは、さっさと済ませたいのが技術者の本音。

では、なぜそこにこだわるのか。
どんな人が塗っても、塗りたてのときはキレイなのは当たり前。
しかし、厳しい冬を超えればその差は歴然とします。それがハッキリ現れるにが隅々の部分だからです。ひび割れ、浸水、剥離・・・建物に悪い影響を与えてしまいます。そんな建物は冬を乗り越えられないのです。

いい加減な仕事をしていると翌年は仕事が来ない・・・
冬を乗り越えるのは建物も技術者もみな同じなのです。だからこそ一流の技術者は細かい部分にこだわっています。

社員寮の建設、後進の育成を経て

社員寮建設から33年。技術を継承し、しかもレベルを上げていく。 そのためには新入社員の教育から取り組む必要がありました。当時の新入社員は地方出身者が多かったので、1985年に社員寮を建設しました。 まだ、経営規模が小さかったころで、大変な出費でした。 新入社員を塗装訓練校に入学させ、1年間基礎を徹底的に学ばせる、その後札幌ペック独自の技術を継承していく。 先輩が後輩に指導し、双方がレベルアップしていく。 その文化を定着させるため、この繰り返しを33年間続けています。涙と笑いの33年間でした。季節雇用だった職人を正社員にする。これも冬の仕事確保の大きな目的でした。現在は全員が正社員となりました。